一瞬で泡だらけ!祝勝会でビール3000本空に

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<巨・ヤ>ビールをかけられる原監督

セ・リーグ 巨人6-4ヤクルト

(9月21日 東京D)
 巨人の祝勝会での恒例のビールかけは、白石興二郎球団オーナー、原監督のあいさつと鏡抜きに続いて、阿部主将の「短い時間ですが、大いに楽しみましょう!」という乾杯の音頭で開始。会場は一瞬で泡だらけとなった。

 選手からの集中砲火を浴びた原監督が「おぼれそう。感無量です」と笑顔を浮かべれば、「婚活始めました」と書かれたたすきをかけた20歳の宮国も「最高においしい」と全身でビールを堪能。プロ10年目で初体験の村田はドラえもんの着ぐるみ姿で「最高っすね」。高木京は黒のアフロヘアのかつらをかぶって大暴れ。用意された3000本のビールはあっという間に空になった。

 ▼高橋由 優勝の味?それは毎回違うからね。久しぶりだし良かったよ。

 ▼谷 3年ぶりだからね。うれしいよ。きょうは(ビールかけで)酔っぱらいます。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース