巨人 谷は来季残留 契約最終年の小笠原は動向注目

[ 2012年9月22日 07:21 ]

<巨・ヤ>垂れ幕を手に記念撮影する(前列左から)阿部、高橋由、谷

セ・リーグ 巨人6-4ヤクルト

(9月21日 東京D)
 巨人の谷佳知外野手(39)が来季もジャイアンツでプレーすることが確実だ。

 球団側は谷の打撃面での貢献度を高く評価している。通算2000安打にも残り86安打としており、40歳シーズンとなる来季中の達成が期待されている。

 一方、昨季に続き、2年連続で不振に終わった小笠原道大内野手(38)は今年が2年契約の最終年を迎えており、今後の動向が注目されている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース