岩田6回まで無安打も…7回V弾浴びて13敗目

[ 2012年9月22日 06:00 ]

<神・中>7回無死一、三塁、ブランコに3点本塁打を打たれた岩田

セ・リーグ 阪神2-3中日

(9月21日 甲子園)
 6回まで無安打に封じていた阪神の岩田が、7回に突如崩れた。無死一、二塁からブランコに逆転3ランを浴び、自己ワーストタイの13敗目。「自分の弱さが出た。情けない」と力なく話した。

 和田監督は「ここで一発だけは食らってはいけないという場面で、打たれることが多過ぎる」と先発陣で勝ち越している投手が不在というふがいない投手陣を嘆いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース