東海大の伏見2安打 巨人スカウト部長が打撃高評価

[ 2012年9月22日 06:00 ]

首都大学野球 東海大12-1大東大

(9月21日 大田)
 1回戦2試合が行われ、今秋ドラフト候補の伏見寅威(とらい)捕手(4年)が、大東大戦に「6番・捕手」で先発出場。2安打1打点の活躍を見せ、巨人など8球団のスカウトに存在感を示した。試合も12―1で快勝した。

 東海大の伏見が持ち味の打撃で魅せた。3回1死三塁から中前へ適時打を放てば、5回は左翼フェンス直撃の二塁打。ラストシーズンに向け、首位打者を獲得した2年春の好調時のビデオを繰り返し見てフォームを固めてきただけに「調子は良くなってきた」と納得の表情を浮かべた。菅野とともに獲得を狙う巨人は12人態勢で視察。山下哲治スカウト部長は「長打を打てるのが魅力」と高く評価していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月22日のニュース