イチローに心酔する川崎「マリナーズならマイナーでもいい」

[ 2011年11月21日 06:51 ]

<ソ・中>胴上げされる川崎

日本シリーズ第7戦 ソフトバンク3―0中日

(11月20日 ヤフーD)
 ソフトバンクの川崎宗則内野手(30)が、今年6月に取得した海外移籍が可能なフリーエージェント(FA)権を行使して大リーグに挑戦することが20日、分かった。

 意中の球団は、もちろん尊敬するイチローが在籍するマリナーズだ。親しい関係者には「(マリナーズなら)マイナーでもいい」と明かすほど、条件面のこだわりも少ない。

 川崎は国内FA権を取得した昨年5月、将来のメジャー挑戦について「可能性はやっぱり持っています。いろいろなことに挑戦してみたい」と、率直な気持ちを明かしていた。

 鹿児島工から99年ドラフト4位でプロ入り。12年間過ごした球団への感謝や愛着はあるが、イチローと同じユニホームに身を包むという夢を実現するため海を渡る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース