胴上げ投手は摂津 ファルケン打球直撃も森福と好救援

[ 2011年11月21日 06:00 ]

日本シリーズ第7戦 ソフトバンク3―0中日

(11月20日 ヤフーD)
 ソフトバンクの胴上げ投手は守護神の馬原ではなく、摂津だった。9回2死一塁、「ピッチャー・摂津」がコールされると、ヤフードームが沸いた。

 和田を空振り三振。拳を握り喜んだ。昨季まで2年連続の最優秀中継ぎ投手は今季から先発に転向し14勝。日本シリーズでは救援でも2試合登板とフル回転した右腕は「先発として1年間やって、結果もついてきたことは貢献できたかなと」と笑った。

 スクランブル救援はファルケンボーグのアクシデントによって生まれた。8回を3者三振に斬り、9回のマウンドも任されたが、先頭の井端の打球が右肘付近に直撃して降板。しかし、急きょ登板した森福が落ち着いて森野、ブランコの主軸を抑えた。第4戦で無死満塁のピンチを抑え、シリーズの流れを変えた左腕は「ちょっと慌てたけど、投げるからには0点に抑えようと思った」。今シリーズは馬原が不調だったが、秋山監督は「短期決戦は調子のいい人をどんどん使いたいと思った」と投手陣全員の力で乗り切った。

 ▼ソフトバンク・ファルケンボーグ 中日はいいチームだったがホークスもいい戦いをした。(馬原の代役救援について)馬原は失点しただけでクローザーを失格したわけではない。自分の起用は監督の方針に従っただけだよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース