ソフトB 中日・苫篠コーチ招へい 首脳陣は全員残留

[ 2011年11月21日 06:00 ]

日本シリーズ第7戦 ソフトバンク3―0中日

(11月20日 ヤフーD)
 ソフトバンクが、今季限りで中日を退団する笘篠誠治1軍外野守備走塁コーチ(47)を2軍内野守備走塁コーチとして招へいすることが20日、分かった。

 中日では08年から3年間は三塁、昨季途中からは一塁ベースコーチとして落合監督を支え、リーグ連覇に大きく貢献した。また、秋山幸二監督、立花義家打撃コーチ、高山郁夫投手コーチらとは西武の黄金期を形成した同僚でもある。リーグ連覇、日本一を達成した1軍の監督、コーチ陣は全員残留することが濃厚だ。昨オフ、現役復帰を視野に就任した斉藤和巳リハビリ担当コーチも留任する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース