球界参入に影響も グリー DeNA提訴 10億円の損害賠償を請求

[ 2011年11月21日 17:55 ]

 携帯電話向けソーシャルゲームサイト運営のグリーとKDDI(au)は21日、競合するサイト「Mobage(モバゲー)」運営のディー・エヌ・エー(DeNA)が取引先ゲーム会社に対し、グリーのサイトにゲームを提供しないよう圧力をかけたなどとして、計10億5千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 この問題ではことし6月、公正取引委員会がDeNAに対し、独占禁止法違反(取引妨害)に当たるとして排除措置命令を出していた。

 都内で同日記者会見したグリーの田中良和社長は「(同様の違法行為が)現在も続いている」と主張。今回の訴訟は、DeNAが進めているプロ野球の横浜ベイスターズ買収に向けた手続きに影響を与える可能性もありそうだ。

 訴状などによると、DeNAは昨年7月以降、「グリーにゲームを提供したらDeNAとの取引ができなくなる」などとゲーム会社に圧力をかけた。グリーとKDDIは妨害行為がなければ得られた逸失利益の支払いを求めている。

 これに対し、DeNAは「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース