栗山監督 監督室開放「教えるより一緒に考えたい」

[ 2011年11月21日 06:00 ]

 日本ハムの栗山新監督がシーズン中に監督室を完全開放する意向を明かした。

 「選手たちがどんなことを考えているのか、もっと理解したい。(技術を)教えるというより一緒に考えたい」。現役時代は「自分から監督室に入ることはなかった」と振り返るが、「時代が違うし、(やらされる練習より)納得した方が効率いい」。スポーツキャスター、大学教授の肩書を持つ異色指揮官らしいアイデアだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース