日本ハムは正式回答とは受け止めず、説得続ける方針

[ 2011年11月21日 18:15 ]

 プロ野球ドラフト会議で1位指名した菅野智之投手(東海大)から入団拒否の表明を受けた日本ハムは21日、3月末の交渉期限まで交渉を続ける方針を示した。島田利正球団代表は東京都内で取材に応じ「ここで諦めるのなら最初から指名しない。進路表明していないのと同じでは」と語った。

 山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は球団を通じて「本人とは直接何も話しておりません。まだ球団に対する正式の回答ではないと受け止めています。粘り強く交渉の努力を続けていきたい」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース