栗原 FA権行使せず、メジャーは「家族もいる 夢だけでは…」

[ 2011年11月21日 18:00 ]

記者会見で残留を表明する広島の栗原健太内野手

 広島の栗原健太内野手(29)が21日、マツダスタジアムで記者会見し、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留すると表明した。「何とか優勝目指して来年もやりたいという思いがあった」と神妙に話した。

 年俸など条件面での合意はまだだが、栗原の意向もあって単年契約となる見通し。順調にいけば来季海外FA権を取得するが「(米大リーグに)行きたいなというのは今でもあるが、行って出られるのか。家族もいるので、自分の夢だけではどうなのか」と話した。

 残留交渉にあたった鈴木清明球団本部長は「来季は100打点をやってほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース