7回から浅尾も…追加点許す「悔しい思いしか残らない」

[ 2011年11月21日 06:00 ]

日本シリーズ第7戦 中日0―3ソフトバンク

(11月20日 ヤフーD)
 中日は0―2の7回から中継ぎエースの浅尾を投入して流れを変えようとしたが、追加点を奪われて試合を決定付けられた。

 相手の勢いを止められなかった右腕は「悔しい思いしか残らない」とうなだれた。日本シリーズではレギュラーシーズンほどの輝きを放つことはできず。「自分たちの力のなさを、来季に向けてつなげていくしかない。監督や森コーチから“これからも見ている”と言われたので、恥ずかしいプレーをしないようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース