落合監督「いい8年間だった あいつらのおかげ 大したもんだ」

[ 2011年11月21日 06:00 ]

<ソ・中>有終飾れず…試合終了の瞬間、すぐにベンチ裏へ引き揚げる落合監督(中央)

日本シリーズ第7戦 中日0―3ソフトバンク

(11月20日 ヤフーD)
 試合終了の瞬間、落合監督は静かにグラウンドに背を向けた。中日監督として最後の試合、最後のユニホーム姿。花道は飾れなかったが、表情は穏やかだった。

 「いい8年間だった。負けたのは残念だけど、悔いはない。この状態でここまで連れてきてくれたのは、あいつらのおかげ。大したもんだ」

 ラストゲーム。ベンチでは表情を変えず、がむしゃらに投手をつぎ込んで勝利へのあくなき執念を見せた。3回無死満塁。先発・山井がピンチを招くと、すかさず小林正にスイッチした。その左腕が川崎に押し出し四球を与えて先制点を献上。リードを許す展開ながら、その後もネルソン、浅尾、岩瀬…。打線の調子が上がらない中での戦い。計9得点、打率・155はシリーズワースト記録だ。そんな中で、いかに勝利への細い糸をたぐり寄せるか。最後までオレ流の采配を貫いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース