秋山監督涙の日本一「正直、疲れました」

[ 2011年11月21日 06:00 ]

<ソ・中>日本一になり胴上げされる秋山監督

日本シリーズ第7戦 ソフトバンク3―0中日

(11月20日 ヤフーD)
 決めた、舞った――。コナミ日本シリーズ2011は20日、3勝3敗で迎えた第7戦を行い、ソフトバンクが3―0で快勝。8年ぶりのシリーズ制覇を果たした。2005年にソフトバンクとなってからは初めてで、南海、ダイエー時代を含めると通算5度目の日本一。小久保裕紀内野手(40)が史上最年長で最高殊勲選手(MVP)を受賞した。東日本大震災でプロ野球の開催が危ぶまれた「特別な年」の栄冠。ソフトバンクは25日に台湾で開幕するアジアシリーズに出場する。
【試合結果 日本シリーズ日程】

 涙はこの瞬間まで取っておいた。リーグ連覇、CS突破では感情を押し殺した秋山監督の目から止めどなく涙があふれた。8年ぶりの日本一。1度、2度…。待った年数と同じ8度近づいた本拠ヤフードームの天井がにじんで見えた。

 「正直、疲れました。本当にどっちに転んでもおかしくない試合が続いた。福岡のファンの前で日本一になれたことは大変うれしく思います。みんなが持ち場で力を出してくれた」

 まさかの本拠地2連敗スタートした初采配のシリーズ。その夜だった。重苦しい雰囲気を壊そうと、選手たちは無理やり動いた。ロッカールームで内川、本多、松田が服を脱いで素っ裸で大騒ぎした。自然と笑い声がわき起こる。ある若手は「そりゃ勝ちますよね。あんなことできちゃうんだから」と感心した。いい意味での開き直りは秋山監督が大切にしていることだ。ダイエーの主将だった1999年。凡退しては落ち込む選手を「考えすぎ。1本打ちゃいいんだから」とリラックスさせて日本一に導いた。

 そして、指揮官は短期決戦を意識し、次々と大胆なタクトを振った。第3戦からは松田に代えて小久保を4番に起用。さらに流れを変えたのは、第4戦(ナゴヤドーム)だった。1点差の8回に送り出した4連投のファルケンボーグはいつも通り1イニングを抑えた。本来なら9回を任せる馬原が第1、2戦で救援に失敗。指揮官は右肘に手術歴があり、シーズン中は1イニング限定だった助っ人をロッカー室まで追い掛け「次のイニングも行けるか?」と直接頼んだ。この日も9回をファルケンボーグ、森福、摂津の継投で抑え切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース