秋山監督 日本代表監督内定 来年3月の台湾戦

[ 2011年11月21日 06:00 ]

日本シリーズ第7戦 ソフトバンク3―0中日

(11月20日 ヤフーD)
 日本シリーズで優勝したソフトバンクの秋山幸二監督(49)が、来年3月10日に東京ドームで行われる復興支援試合で台湾代表と対戦する日本代表の監督を務めることが内定した。

 同戦の代表監督については、セ、パ6球団の代表者で構成する日本代表プロジェクトが、今年の日本シリーズ優勝チームの監督を自動的に就任する案を検討。12月1日のオーナー会議で承認される方向で、就任3年目で日本シリーズを制した秋山監督が代表チームを率いることになる。代表チームのメンバーは今季のタイトル獲得者やベストナインの表彰選手らを中心に選ぶ方針が確認されている。また、来年4月から常設化が決まってる「侍ジャパン」の監督の選出方法は未定だが、そのまま秋山監督が率いる可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月21日のニュース