守山ボーイズ 聖地・神宮で初の全国制覇ならず

[ 2011年8月16日 06:00 ]

<長曽根ストロングス・守山ボーイズ>準優勝の守山ボーイズ

全日本学童軟式野球大会決勝 守山ボーイズ(愛知)1―13長曽根ストロングス(大阪)

(8月15日 神宮)
 守山ボーイズは想定外の大敗に選手全員が悔し涙を流した。

 「緊張してしまった。もう1回試合をやらせてほしい」とエース右腕の佐々木。学童野球の聖地・神宮球場での決勝という独特の雰囲気にのまれたのか5失策。本来の力を発揮できないまま失点を重ねてしまった。「ここまで来られてびっくりです。相手のバッティングが素晴らしかった。ウチではどうにもならないチームでした」と山本次雄監督。06年の8強を上回るチーム最高成績を残した選手の奮闘を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース