習志野・片桐 値千金の勝ち越し打「直球だと思って…」

[ 2011年8月16日 11:15 ]

7回裏2死一、二塁、片桐が左前に勝ち越し打を放つ。投手釜田、捕手丹保

第93回全国高校野球選手権大会3回戦 習志野2―1金沢

(8月16日 甲子園)
 習志野は2番打者の片桐が、7回に勝ち越し打を放った。

 1、2回戦では5番だった。打順変更の理由を「真っすぐに強いから」と推測。直球に絞って打席に入ったが、打った球はカットボールだったそうで「直球だと思って打っていた」と照れ笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース