県大会の伝令・西村が同点打「出たくてわくわくしていた」

[ 2011年8月16日 06:00 ]

<横浜・智弁学園> 9回2死満塁、代打・西村は右前同点2点適時打を放つ

第93回全国高校野球選手権3回戦 智弁学園9―4横浜

(8月15日 甲子園)
 土壇場でのミラクル攻撃。智弁学園の先頭打者、2番浦野が安打で出塁したのを見て、1番の大西は「回ってくるな」と確信したという。その通りの猛攻。

 9回2死満塁から同点打を放った代打の西村は「(試合に)出たい出たいとわくわくしていた。俺に回してこいと思った」。奈良大会では伝令としてチームの盛り上げ役に徹した伏兵の一撃で勢いづいた打線は、この回だけで7安打8得点。突然の猛打爆発で、強豪横浜を一気にのみ込んだ。

 打線は8回までは沈黙。4回まで一人の走者も出せず、6回に1点を取るのがやっとだった。小坂将商監督も「何をやっているんだ」といら立ちを抱えていた。それでも選手は9回に逆転できると信じていた。春季県大会準決勝で宿敵・天理と戦い、7点差を一度ひっくり返した。試合には負けたが、終盤の底力に選手は手応えを覚えた。

 初戦で結果を残せなかった大西を「一番振れる打順」と4番から1番に変更した采配も勝因となった。「スター選手はいない。でも力はあると思う」と浮かれない指揮官の表情に自信がにじんだ。

 ≪奈良が神奈川に初勝利≫智弁学園が横浜に勝ち、奈良勢は神奈川勢に春夏通じて12度目の対戦で初勝利。横浜は春2勝、夏2勝。智弁学園は春1敗、夏2敗だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース