岡田監督、危険球退場の西を中継ぎ起用へ

[ 2011年8月16日 06:00 ]

 オリックスは15日、11泊12日で計8試合を戦う長期ロードへ出発。岡田監督はきょう16日からのソフトバンク(ヤフードーム)、日本ハム(札幌ドーム)6連戦での勝ち越しに意欲を示した。

 「まだ50試合以上ある。まだ、まだ何が起こるかわからへんよ」。首位のソフトバンクと15ゲーム差の3位。逆転Vは奇跡に近い。しかし直接対決を制すれば確実に上位へと接近でき、指揮官は上昇をあきらめない。今季は6勝5敗で勝ち越している鷹狩りへ、3連戦の先発は金子千、近藤、マクレーンで組んだ。

 従来通りのローテーションなら前回11日の楽天戦で自身初の完投勝利を挙げた西が第3戦の先発予定ながら、4日にソフトバンク・細川への危険球で退場となった影響を考慮し、先発を回避させて中継ぎに置く。福岡、北海道、新潟、埼玉と移動する阪神以上!?の長期ロード。勝負の長旅を、首位叩きでスタートさせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース