東北の誇り胸に…光星学院、打ち合い制す

[ 2011年8月16日 06:00 ]

<光星学院・徳島商>2回2死一塁、2ランを放った和田

第93回全国高校野球選手権3回戦 光星学院6―5徳島商

(8月15日 甲子園)
 打たれたら打ち返す。逆転を許した直後の3回だ。光星学院の仲井宗基監督が「打ち合いだ!」と号令を飛ばす。この回、3連続長打を含む4安打を集めて4点を挙げ、試合をひっくり返した。

 1死一、二塁で逆転の適時三塁打を放った4番・田村は「センバツは初戦で圧勝(10―0)して次の智弁和歌山戦でも“点が取れるだろう”と甘く考えていたら負けた。同じことを繰り返したくなかった」と胸を張った。2回には今大会初スタメンの和田が「スライダー一本に絞って狙った。最高に気持ちいい」と左越え2ラン。福島第1原発事故による部員減少で結成された福島県初の連合チーム「相双連合」の試合をテレビニュースで見たという和田は「自分は甲子園で最後まで諦めずにプレーする」と心に誓ったという。

 2試合連続の2桁安打。それも10安打のうち6本が長打。チームは以前から、マウンド(18・44メートル)よりはるか本塁手前の12メートルの位置から打撃投手に投げさせ、速球への反応と選球眼を磨いてきた。その成果が、甲子園という大舞台でも「強打の光星」の名をとどろかせている。

 東日本大震災による被害が甚大だった岩手、宮城、福島の東北3県はすでに敗退した。ただ、光星学院がある青森県八戸市も津波の被害に遭った。仲井監督は「勇気を与える野球をやりたい」と、東北地方の誇りを胸に「特別な夏」を戦い続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース