30号一番乗りも敗戦…おかわり「特に何もないです」

[ 2011年8月16日 22:41 ]

6回、逆転2ランを放ち迎えられる西武・中村

パ・リーグ 西武4―8楽天

(8月16日 西武D)
 1―2の6回無死一塁、西武の中村が岩隈の初球の134キロをとらえた打球は、左翼スタンドへ。だがチームは逆転負けを喫し、2年ぶり3度目となる30号は空砲に終わった。

 本塁打を放っても試合に敗れれば意味がないと考える。試合後は「結局負けちゃったので」と足早にロッカールームに消えた。球界を代表する楽天の岩隈からの本塁打にも「特に何もないです」と淡々と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース