松井11打席ぶり快音も…今季最悪の借金14

[ 2011年8月16日 06:00 ]

レンジャーズ戦の6回、左前適時打を放つアスレチックス・松井

ア・リーグ アスレチックス6-7レンジャーズ

(8月14日 オークランド)
 アスレチックスの松井が久しぶりに快音を響かせた。5―6の6回2死一、二塁から左腕オリバーと対戦し、3試合、11打席ぶりの左前打。のけぞるほど、胸元への厳しい投球も続いたが「逃げていくボールのイメージを常に持っていた」と外角高め直球を逆方向へ打ち返し、走者を還した。

 しかし1点を勝ち越された9回はハーフスイングで空振り三振に倒れ、レ軍戦の連敗は1986年以来約25年ぶりとなる8連敗。借金は今季ワーストに並ぶ14まで膨らんだ。来季をにらんだ若手起用に切り替えてもおかしくない状況だが、ボブ・メルビン監督代行は「そういう段階ではない。毎日ベストメンバーで戦う」と松井の起用を続ける方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース