ロングリリーフの浜田 初お立ち台で満面の笑み

[ 2011年8月16日 17:03 ]

3回から2番手で登板した如水館・浜田

第93回全国高校野球選手権大会3回戦 如水館3―2能代商

(8月16日 甲子園)
 お立ち台に立った如水館の浜田は「やっぱりいいですね」と満面の笑みを見せた。3試合連続のロングリリーフでこの日は10イニングを1失点。延長戦となった1、2回戦でも勝利を呼び込む力投だったが、お立ち台には呼ばれていなかった。

 9回には二塁打を放ち「打った瞬間、自分がヒーロー」と確信したが、相手の好返球で走者が生還できなかった。1点を追う延長12回でやっと試合が決まり「同点になった時は涙が出た。勝てて本当にうれしい」とサヨナラ勝ちの余韻に浸っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース