防御率2・43も…ネルソン10敗目

[ 2011年8月16日 22:16 ]

2回、先制を許したネルソン(右から2人目)のもとに集まる中日ナイン

セ・リーグ 中日2―3巨人

(8月16日 ナゴヤD)
 中日のネルソンは全体的に球が高かった。150キロ近い速球も、制球が甘ければ命取り。巨人打線に集中打を浴び、二回に3失点した。6連敗で10敗目(6勝)を喫し「立ち上がりはコントロールがあまり良くなく、一気に3点を取られてしまった」と悔やんだ。

 ここまで21試合に先発して防御率2・43と、内容が悪いわけではない。右腕は「勝つ気持ちは強いのだが、うまくいかない」と、好転のきっかけをつかめずにいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース