母校・習志野に負けん!福浦“思い出のユニ”で走者一掃打

[ 2011年8月16日 21:15 ]

1回ロッテ2死満塁、福浦が左翼線に走者一掃の先制二塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ4―1日本ハム

(8月16日 QVC)
 ロッテの福浦が一回2死満塁で走者一掃の二塁打を放った。ピンク色のラインが入った復刻ユニホームでの今季最後の試合。自身が入団時に着用したユニホームでお立ち台に上がり「ヒーローになれて良かった」と感慨に浸った。

 入団時は投手だったが、打者に転向して開花した。「投手がやりたかった。打者の方がいいと言われて。つらかった」と当時を懐かしんだ。

 後輩の活躍も励みになっている。母校の千葉・習志野高が甲子園で24年ぶりにベスト8に進出し「すごい。僕も、もっと頑張らないと」と35歳は笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース