新湊・袴谷 8回に9失点で力尽きる

[ 2011年8月16日 06:00 ]

第93回全国高校野球選手権3回戦 新湊1―11東洋大姫路

(8月15日 甲子園)
 86年センバツ4強時に呼ばれた「新湊旋風」の再現はならなかった。初戦より変化球を多投して7回まで2失点と粘ったエース袴谷は、疲れが見え始めた8回に8長短打を浴びて一挙9点を失った。

 「スライダーでストライクが取れず、いっぱいいっぱいになってしまった」と悪い流れを断ち切れなかった。森義人監督は「8回まではこちらのペースで、相手は嫌がっていた。もう少し精神的なスタミナが足りなかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月16日のニュース