畑岡奈紗 またもVならず2週連続2位 1打及ばず「なかなかチャンスがこなくて…」

[ 2020年1月27日 07:27 ]

畑岡奈紗
Photo By スポニチ

 米女子ゴルフの今季第2戦、ゲインブリッジLPGAは26日、米フロリダ州のボカリオGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と2打差の2位から出た畑岡奈紗(21=フリー)は69で回り通算16アンダーとしたが、1打及ばず2週連続で2位に終わった。

 首位から出たマデレーネ・サグストロム(27=スウェーデン)が通算17アンダーでツアー初優勝を果たした。畑岡は序盤からスコアを伸ばし、サグストロムらと優勝争いを繰り広げた。15、16番の連続バーディーで単独首位。米4勝目が視界に入ったが、17番でバーディーを奪ったサグストロムに追いつかれると、18番で約1・2メートルのパー・パットを外した。

 惜敗した畑岡は「なかなかチャンスがこなくて思うようなプレーができなかった。開幕からいいスタートが切れているのは良かった」と残念そうに振り返った。2月上旬のオーストラリアでの2戦は出場せず、次戦は、渋野日向子(21=RSK山陽放送)が今季初戦に予定している2月20日開幕のホンダLPGA(タイ)に出場する。

 16位から出た米ツアーデビュー戦の河本結(21=リコー)は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算9アンダーで8位。「4日間楽しくラウンドできた。早く(ツアーに)慣れるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース