ウッズ、粘って“5差”の14位 「何が起こるか分からない」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

第3ラウンド、18番でバンカーショットを放つタイガー・ウッズ
Photo By 共同

 米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは25日、カリフォルニア州のトーリーパインズGC(7765ヤード、パー72)で霧のため2時間遅れで第3ラウンドが行われ、17位で出た松山英樹(27=LEXUS)は3バーディー、5ボギーの74と振るわず通算2アンダーで50位に後退した。首位とは10打差。65をマークしたジョン・ラーム(25=スペイン)が通算12アンダーでトップ。69のタイガー・ウッズ(44=米国)は通算7アンダーで14位となっている。

 17位から出たウッズは1番で4メートル、3番で2メートルのバーディーパットを決めるなど前半は32と爆発の予感を漂わせた。だが難しい後半はバーディーを奪えず37。それでも18番で4メートル強のパットをねじ込んでパーを拾い「あれは大きかった。最終日につながる」と白い歯を見せた。5打差を逆転すれば、米ツアー単独最多の83勝目。「いいスタートができてバーディーをどんどん取れば、何が起こるか分からない」と諦めてはいなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース