11勝北勝富士 技能賞に「まさか」 来場所も「2桁以上勝てるように頑張る」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

大相撲初場所千秋楽 ( 2020年1月26日    両国国技館 )

各賞受賞力士たち。(前列左から)霧馬山、北勝富士(後列左から)正代、徳勝龍、遠藤(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 11勝の北勝富士は「まさか技能賞とは」と予想外の受賞だった。それでも「自分の押しが力技ではなく技能として評価されたのは本当にうれしい。力士として認めてもらっている感じがある」と喜びは大きかった。

 1横綱2大関を破るなど存在感を見せつけた場所。「気合が入っていたけど頭は冷静でいられた」と気持ちのコントロールがうまくできた様子。「11勝を無駄にしないように2桁以上勝てるように頑張る」と早くも来場所を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース