輪夢、無念の6位 転倒悔やむ「自分の走りができていれば」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

都市型スポーツ キメラAサイド・ファイナル最終日 ( 2020年1月26日    愛知県国際展示場 )

巧みにBMXを操る中村(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 スケートボードのストリート決勝は45秒間のランとベストトリックの合計200点満点で競われ、世界ランキング2位の堀米雄斗(21=XFLAG)は180点で2位だった。世界ランク1位のナイジャ・ヒューストン(米国)が187点で優勝した。BMXフリースタイルパークの中村輪夢(りむ、17=ウイングアーク1st)は6位に終わった。

 BMXフリースタイルパークの中村はランで2本とも転倒し、得点を伸ばせなかった。1本目に試合で初挑戦した大技を決めたが、直後に体勢を崩し「ライン取りとかをもっと考えてやれば良かった。自分の走りができていれば優勝できたので余計に悔しい」とガックリ。今大会は世界ランク上位選手が表彰台を占めたが、「五輪までにもっと練習を頑張りたい」と逆襲を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース