東京パラ初採用のテコンドー スキーから転向の太田渉子が代表内定

[ 2020年1月27日 05:30 ]

東京パラリンピックのテコンドー代表に内定した(左から)田中光哉、工藤俊介、太田渉子
Photo By 共同

 東京パラリンピックで初めて採用されるテコンドーのパラ代表選考会を兼ねたサンマリエ・カップは26日、東京・日本財団パラアリーナで行われ、女子58キロ超級は冬季パラリンピックのメダリストで、ノルディックスキーから転向した太田渉子(ソフトバンク)が代表に内定した。太田は3度の冬季大会を含め、4度目の代表となる。

 男子61キロ級は田中光哉(ブリストル・マイヤーズスクイブ)、同75キロ級は工藤俊介(ダイテックス)がそれぞれ優勝し、パラ代表に内定した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース