ペースメーカー新谷、予定より速く…「責任を感じている」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

東京五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦 大阪国際女子マラソン ( 2020年1月26日    大阪市・ヤンマースタジアム長居発着 )

ペースメーカーを務める新谷仁美(左端)。左から2人目は優勝した松田瑞生
Photo By 共同

 19日に女子ハーフマラソンの日本新記録を樹立した新谷(積水化学)がペースメーカーを務めた。1キロごとのペースが予定より2、3秒速くなっていたといい「福士さんや小原さんにペースの速さが影響したと思うので、少し責任も感じている」とコメントした。

 松田の快走を「自信を持って五輪に向かっていける力はあると思う」と評価。新谷は1万メートルで東京五輪の参加標準記録を突破済みで「一緒にいけるようにしたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース