北島康介杯 2冠の瀬戸大也&大橋悠依がMVP 大橋はタイム反省

[ 2020年1月27日 05:30 ]

競泳 北島康介杯最終日 ( 2020年1月26日    東京辰巳国際水泳場 )

最優秀選手に選ばれ北島氏(中央)と笑顔の大橋悠依と瀬戸大也(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 大会の最優秀選手は男子の瀬戸大也(25=ANA)、女子の大橋悠依(24=イトマン東進)が選出された。

 この日、瀬戸は100メートルバタフライで自己記録を更新する51秒89で優勝。400メートル個人メドレーと合わせて2冠を果たし「自己ベストがどんどん出て楽しい」と話した。大橋は個人メドレー2冠。この日の200メートルは2分10秒35で制したが、「タイムが遅いですね」と反省していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース