貴景勝 徳勝龍の「勢いにのまれた 出直し」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

大相撲初場所千秋楽   徳勝龍 初優勝 ( 2020年1月26日    両国国技館 )

徳勝龍(右)に攻められる貴景勝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 貴景勝は幕尻の徳勝龍に大関の意地を見せることができなかった。もろ手で当たっていくが、相手の巨体を押し込めず、すぐに左を差され四つに組まれて寄り切られた。

 「向こうの勢いにのまれた。全部含めて勉強。出直しです」と自嘲気味に話した。左胸のケガの影響が残る中、終盤まで優勝争いに絡み大関の責任を果たした。それでも「こんなのが大関という資格はない。もう一回体をつくり直して、来場所しっかりやっていきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース