MGC3位の小原、五輪代表消えた…無念13位「あのレベルでちゃんと走れないと」

[ 2020年1月27日 05:30 ]

東京五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦 大阪国際女子マラソン ( 2020年1月26日    大阪市・ヤンマースタジアム長居発着 )

13位でゴールした小原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 MGC3位の小原は17キロ付近で先頭集団から遅れ、痛恨の13位フィニッシュ。松田が派遣設定記録を上回ったため、五輪代表に選ばれる可能性が消えた。「正直、最初からハイペースだなと…。あのレベルでちゃんと走れないと、五輪では戦えない」。

 MGCでは4秒差で逃した五輪。名古屋ウィメンズで再挑戦する可能性については、本人も、天満屋の武冨豊監督も否定した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月27日のニュース