五輪マラソン代表・前田がけん引 大阪8位入賞「トレーニング?順調です」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

陸上 第38回全国都道府県対抗女子駅伝 ( 2020年1月12日    京都市・たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ )

8位でゴールした大阪のアンカー・前田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 大阪は東京五輪マラソン代表の前田穂南がアンカーで登場し、区間4位のタイムで、11位だったチームを入賞圏内の8位まで押し上げた。「昨年よりも速く走ろうと思ったけど、思うようにいかなくて」。

 今大会に出場するため、9日に合宿地の米国から帰国。15日に再び戻る慌ただしいスケジュールだ。「トレーニング?順調です」。日本中が注目する五輪イヤー。喧噪(けんそう)から逃れ、孤独な調整は続く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月13日のニュース