春高バレー 男子は東山が初優勝 全6試合ストレート勝ち 26得点の高橋「最強で最高のチーム」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

バレーボール 全日本高校選手権(春高)最終日    東山3―0駿台学園 ( 2020年1月12日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

<東山・駿台学園>最後の1点を自らのスパイクで決め、ガッツポーズをする高橋
Photo By スポニチ

 常にクールな表情だった東山の高橋が、優勝を決めると雄叫びを上げた。この試合では26得点を叩き出し、チームに貢献。「この一年間、はいつくばって、つらいことを乗り越えてきた。優勝できてうれしい」と喜びをかみしめた。

 6年ぶりの出場となった春高で、1回戦から全6試合でストレート勝ち。「6年間の思いを背負って戦った。東山は最強で最高のチームです」と笑顔がはじけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月13日のニュース