“けんか騒動”の石浦、完敗 けん責処分の幕下・宝香鵬も敗れる

[ 2020年1月13日 05:30 ]

大相撲初場所初日 ( 2020年1月12日    両国国技館 )

千代大龍(右)に敗れる石浦(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 “けんか騒動”を起こした宮城野部屋の幕内・石浦と幕下・宝香鵬はともに敗れた。石浦は立ち合いで千代大龍の圧力に負けて体がのけ反り後退。体勢を立て直せずあっさり土俵を割った。

 「(集中は)いまいちでした。初日はいつも緊張するけど処分もあって…」。報酬減額とけん責の処分で、白鵬の横綱土俵入りでの露払いは辞退。「今は番付どうのこうのより、関取らしくやることをやっていく一年にしたい」と神妙に話した。

 けん責処分の幕下・宝香鵬は「(処分を)真摯(しんし)に受け止め、土俵に上がれることに感謝して相撲を取りたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月13日のニュース