カド番・豪栄道&大関復帰目指す高安 ともに黒星スタート

[ 2020年1月13日 05:30 ]

大相撲初場所初日 ( 2020年1月12日    両国国技館 )

<初場所初日>玉鷲(左)に押し出しで敗れる高安(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 9度目のカド番大関の豪栄道と1場所での大関復帰を目指す高安はともに敗れた。

 九州場所で左足首を痛めた豪栄道は北勝富士の左突き落としで前に落ち「横から攻められた。踏ん張れなかった」と振り返った。高安は右かち上げで崩せず、玉鷲の攻めに屈した。2場所連続負け越しで大関陥落の制度ができた69年名古屋場所以降、1場所で復帰した例は7度あるが、いずれも白星発進。高安にとっては苦しい出だしとなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年1月13日のニュース