バド桃田賢斗、交通事故で負傷 運転手は死亡

[ 2020年1月13日 12:00 ]

バドミントンのマレーシアマスターズに向けて出発する男子シングルスの桃田
Photo By スポニチ

 バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位・桃田賢斗(NTT東日本)らを乗せたワゴン車が13日、マレーシアの首都クアラルンプール近郊で衝突事故に遭った。

 地元消防によると、運転手は死亡した。日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表した。

 桃田は12日にマレーシア・マスターズに出場。決勝でビクトル・アクセルセン(デンマーク)を2―0で下し、五輪イヤーの国際大会初戦を優勝で飾ったばかり。東京五輪では男子シングルス初の金メダルが期待されている。

 また日本協会は、桃田が14日からのインドネシア・マスターズ男子シングルスを下肢の炎症のため欠場すると発表した。

 以下、日本協会の発表。

本日、2020年1月13日(月)マレーシア、クアラルンプールにおいて、現地時間午前5時すぎ(日本時間午前6時過ぎ)頃、宿泊先の大会ホテルからクアラルンプール国際空港に移動する車が交通事故を起こしました。その車に同乗していたバドミントン日本代表選手団及び帯同スタッフの3名も、いずれも負傷し現地病院に搬送されました。3名とも命に別状はないものの、現在病院にて検査治療を行っております。事故の状況等に関しては現地当局が調査中であり、病状と併せて追ってわかり次第ご連絡させていただきます。

【日本選手団 被害者】
桃田 賢斗 (ももた けんと) 東日本電信電話株式会社 社員
平山 優 (ひらやま ゆう) 日本ユニシス株式会社 社員
【帯同スタッフ 被害者】
森本 哲史 (もりもと あきふみ) 株式会社UDN SPORTS 所属

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月13日のニュース