バド桃田賢斗 協会が検査結果報告「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」

[ 2020年1月13日 15:06 ]

バトミントンの桃田賢斗(AP)
Photo By AP

 マレーシアの首都クアラルンプール近郊で13日、バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)らを乗せたワゴン車が大型トラックと衝突し、ワゴン車の運転手が死亡、桃田らが負傷した。

 日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表した。

 同協会は、14日開幕のインドネシアマスターズ2020について、桃田は下肢の炎症のためエントリーキャンセルしたと発表した。

 現地報道などによると、13日午前5時ごろ、桃田とコーチの平山優さん、トレーナーの森本哲史さんを乗せたワゴン車が高速道路を移動中に事故が発生。平山さんと森本さんも負傷した。協会が確認した同乗者は、日本人3人のほか、大会技術スタッフと運転手の計5人だった。

 コーチの平山さんは「右脛裂傷 歯の損傷 全身打撲」、トレーナーの森本さんは「右前腕骨折 脳震盪 全身打撲」と診断された。

 桃田は五輪イヤーの国際大会初戦となった、クアラルンプールでのマレーシア・マスターズでは、12日の男子シングルス決勝でビクトル・アクセルセン(デンマーク)を2―0で下し、優勝で飾っていた。昨年は世界選手権2連覇を達成するなど、国際大会で史上最多の11勝を挙げ、東京五輪では男子シングルス初の金メダルが期待されている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月13日のニュース