白鵬 張り手さく裂!先場所負けた大栄翔に白星「リベンジできて気分がいい」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

大相撲初場所初日 ( 2020年1月12日    両国国技館 )

大栄翔(右)を寄り切りで破る白鵬(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 白鵬が先場所唯一、負けた大栄翔を退け、白星発進した。立ち合いは張り差しで左四つに組み止め、もがく相手を逃がさず片付けた。「いいスタートが切れた。結び前で鶴竜関が負けていたので、締めていこうと。リベンジできて気分がいい」と目尻を下げた。

 横綱審議委員会(横審)が館内で見守る中、批判されている張り手をさく裂。横審の指摘もお構いなしの横綱は「とにかく2020初白星で気分がいい」とご満悦だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月13日のニュース