×

コネオ・インターナショナルが芸人を引退 事務所も退社「次の人生さんに進ませて頂きます」

[ 2022年1月12日 16:39 ]

 お笑い芸人のコネオ・インターナショナル(36)が芸人を引退することを12日、所属事務所のプロダクション人力舎が公式サイトで発表した。

 「コネオ・インターナショナル 引退のお知らせ」と題し、「この度、コネオ・インターナショナルが芸人を引退することになりました。弊社を退社し、芸人を辞めることになります」と報告。「今まで応援して下さった皆様には感謝申し上げます。本当にありがとうございました」とつづった。

 また、コネオからのメッセージも掲載。「失礼しますー!!!僭越(せんえつ)ながら私、万物の後輩コネオ・インターナショナルは芸人さんを引退させて頂く事に致しました!!!私のお父さんさん、お母さんさん、奥さんさんにご相談させて頂き、次の人生さんに進ませて頂きます!!!」と表明すると、「なんとか売れるために頑張ってきたのですが、私の実力さんが足りませんでした!!!今までお世話になりました先輩方、関係者の方々、少しでも応援して頂いた方々、いらっしゃいましたら、申し訳ありません!!!お靴さんを食べさせて頂きます!!!」と記した。

 さらに「ただ、これからの人生さんが長い事を考慮させて頂き、苦渋の末、決断させて致しましたので、ご理解頂けると幸いでございます!!!もしどこかでお見かけした際は優しく見守って頂けると幸いでございます!!!」ともつづると、「皆様のご多幸をお祈りしております!!!それでは、失礼しますー!!!」と締めくくった。

 コネオはプロダクション人力舎の養成所時代の11年に幼なじみとお笑いコンビ「天の川」を組み、同事務所入り。13年の解散後、14年からお笑いコンビ「あっぱれ!」を結成して活動したが、17年に解散した。その後は本名の「川井」名義でピン芸人として活動し、フジテレビオンデマンドのバラエティー番組「矢作と山崎と」などに出演。芸名も「コネオ」から「コネオ・インターナショナル」となり、20年に放送された日本テレビ「おもしろ荘SP」では「50音芸人」として話題となった。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月12日のニュース