餅田コシヒカリ「自動的にお金をくれるシステム」かと…リボ払い理解できず コンビニ弁当で30万円借金

[ 2021年7月16日 10:26 ]

餅田コシヒカリ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「駆け抜けて軽トラ」の餅田コシヒカリ(27)が15日放送のフジテレビ「アウトデラックス」(木曜後11・00)に出演。クレジットカードのリボ払いでの失敗について語った。

 餅田は「クレジットカードのリボ払いの仕組みが分からなくて、コンビニ弁当を全部リボ払いで払っていたために、コンビニ弁当のいつ食べたか分からない利子で30万借金してしまいました」と衝撃の告白。リボ払いとは、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済していくというものだが、利息が発生するため、支払い総額が高額になる場合がある。餅田は「自動的にお金をくれるシステム」と解釈していたといい、「気付いたら利子がすごい溜まっちゃって。返済は1年前に済んだんですけど、正直まだ仕組みが分からなくて、相方がいっぱい教えてくれます」と打ち明けた。

 餅田を心配したタレントのマツコ・デラックス(48)は「今すべきはリボ契約を早く切ること。リボ払い出来ないカードにしなきゃダメ」とアドバイス。続けて「カード会社に言うと、リボ払い出来ないカードにしてくれる。あとは、一括払いなのか分割払いなのかだけ決めればいい。コンビニの弁当は一括で買おう。例えば、何万円かするものだったらお店の人が『一括でよろしいですか?』って言ってくれるから」とクレジットカードの仕組みについて説明し、最後に「リボ払いの仕組みは分かった?」と投げかけた。しかし、マツコの熱弁もむなしく餅田は「分かりません」と即答。「なんでリボ払いってあるんですか?」と理解出来ず困り顔を見せる餅田に、マツコもお手上げの様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月16日のニュース