×

「おかえりモネ」“異例”演出 OPタイトルバックなし「最終回?」百音、故郷に別れ 次週から東京編突入

[ 2021年7月16日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第45話。登米の人々に見送られる百音(清原果耶)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は16日、第45話が放送され、「登米・気仙沼編」が完結。オープニングのタイトルバック映像(タイトルの題字や出演者・スタッフのクレジット)がない通常回としては“異例”の演出となった。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第45話は、百音(清原)は気仙沼の実家に帰省。家族と楽しく食卓を囲む娘の様子に、耕治(内野聖陽)はどこか違和感を覚える。飲みすぎ、うたた寝してしまった百音だったが、目覚めると意を決し、自分が島を離れたいと思った理由を語り始める。その後、再び登米に戻ると、サヤカ(夏木マリ)をはじめ、お世話になった人々に別れを告げる…という展開。

 ラスト約5分、百音が「本当にお世話になりました」と菅波(坂口健太郎)に頭を下げると「作 安達奈緒子」からクレジット表示が開始。登米の人々が紙吹雪やクラッカー、横断幕で百音の門出を祝い、約1分半のクレジット表示も終了。

 百音は最後に森にいるサヤカにあいさつし、別れ。残り約70秒、サヤカが新芽を見つけると、ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」による主題歌「なないろ」が流れた。

 SNS上には「えっ、最終回?」「まるで最終回だ!」「ダメだ、涙が止まらないわ。第1部、本当に素晴らしかった!」「モネの新しい門出の清々しさと、サヤカさんの祈るような気持ちが伝わってきて、15分とは思えないほど濃厚だった」「この朝ドラは親世代の描き方も丁寧。モネの旅立ちは親としても一つの卒業」「バンプの『なないろ』を最後に持ってきたのも良き演出」「新たなる旅立ちが7月16日で『なないろ』なのは、偶然なのかな?」

 来週第10週「気象予報は誰のため?」(7月19~23日)から東京編がスタートする。

 最終回を除く朝ドラ通常回のタイトルバックなしは、2019年前期の100作目「なつぞら」第114話(8月10日)、ヒロイン・なつ(広瀬すず)&坂場(中川大志)、夕見子(福地桃子)&雪次郎(山田裕貴)の結婚式が描かれた際にも採られた。

 昨年前期「エール」は主人公・裕一(窪田)が音楽慰問のためビルマ(現ミャンマー)に赴き、インパール作戦など戦争を真正面から描写。第88話(10月14日)から4話連続してタイトルバック映像と「GReeeeN」による主題歌「星影のエール」がなかった。

 16年の大河ドラマ「真田丸」第44話「築城」(11月6日)においては、オープニングのタイトルバックをエンディングに持ってくる異例の演出がなされた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年7月16日のニュース