岩崎恭子さん 池江璃花子の4冠に「想像以上のことをしてくれるのが池江璃花子」

[ 2021年4月11日 09:41 ]

岩崎恭子さん
Photo By スポニチ

 92年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストで、スポーツコメンテーターの岩崎恭子さん(42)が11日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。白血病から復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)が競泳の日本選手権兼東京五輪代表選考会で4冠を達成したことについてコメントした。

 池江は女子50メートル自由形決勝を24秒84、非五輪種目の女子50メートルバタフライ決勝を25秒56で制覇。女子100メートル自由形、バタフライに続いて頂点に立った。今大会で女子400メートルリレー、女子400メートルメドレーリレーの五輪代表権を獲得し、出場枠の埋まっていない個人種目にも出場する可能性が高い。

 岩崎氏は「あっぱれをたくさんあげたい」と絶賛し、「彼女の凄さというのは、体調が悪い中でこうやって復活してきたんですけど、最初にバタフライの100メートルでリレー種目の代表権を決めたわけですが、自由形でリレーでいけるかも知れないと皆さん予想していたんです。全種目優勝できたというのは、1番最初のバラフライで代表を決めたというのがこの結果につながったのではないかなって思います」と解説。そして「想像以上のことをしてくれるのが池江璃花子だなと今回あらためて思いました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース