中居正広「ヤバい!これは中居だ!」 結構な人混みの中でマスクのヒモが切れ、大慌て 顔が露わになり…

[ 2021年4月11日 18:58 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が10日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。“危機一髪”だったというまさかのハプニングを明かした。

 先日スーパーへ買い物に行った際、油など重さも含めて大量の食材、日用品を購入したという中居。そのスーパーは店舗と駐車場の距離が少し離れているそうで、両手いっぱいの重い荷物を必死に運んでいたところ、着用していたマスクの右ヒモが突然切れるというハプニングに見舞われたという。結構な人混みの中で口元など顔の下半分が露わになった自身の姿に「やっべーと思って。すっげー焦って」。いつものように帽子、メガネ、マスクで“完全武装”していたが、マスクがペロンとはがれて無防備な状態に「ヤバい!これは中居だ!(とバレる)って。これは中居だぞ!って思って」と焦りまくったという。

 愛車まではまだ距離があり、替えのマスクも携帯していない。とっさに下を向いてうずくまって荷物を置き、取れてしまったマスクのヒモを必死で押さえながらその場を何とかしのいだという中居。「ぼう然としてしまった。マスク取ったら中居なのね。モロ中居。ホント焦ったね。あんまり焦んないんだけどな」と振り返った。帽子、メガネ、マスクの“3種の神器”なしに外出したことは「プライベートではないですね、今まで何十年間」とし「冬から春にかけては風邪、花粉で違和感ないから帽子、メガネ、マスク。夏になったらメガネと帽子だけ。マスクは不自然だから。去年は別として」と“変装事情”を明かした。

 過去には収録終わりからの流れで帽子なしでスーパーに行ったことも1、2度はあったとしながらも「オレ、頭出したらダメなんだ。買い物かご取ってる最中から(周囲が)『あれあれあれ?』って」と髪型で中居とバレるため帽子は必須だとか。「バレたくないっていうか、ず~っと見られることがイヤだから。さりげなく(後を)つけられたりするから。わ~!とは全然ならないんですけど」と説明した。結局、切れたマスクのひもをかじって急場をしのぎ、5分弱かかる駐車場に急いだという中居。「難しいんだ、これが。不自然なマスクで。オレどういう口してんだ?っていうぐらい多分曲がってたと思うわ」と笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース