マリエ「私は嘘をつきません」 出川&やるせなす事務所の否定コメントに反応か

[ 2021年4月11日 19:15 ]

マリエ
Photo By スポニチ

 騒動の渦中にあるモデルのマリエ(33)が11日、自身のインスタグラムを更新し、英語と日本語で「私は嘘をつきません」とつづった。

 マリエは4日未明に自身のインスタグラムで行ったライブ配信で、18歳の時に元タレントの島田紳助さん(65)から関係を持つように求められたと発信。同席していた出川哲朗(57)、お笑いコンビ「やるせなす」らからこれに応じるように説得する言葉が掛けられたと話した。

 騒動を受け、出川が所属する芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」と否定のコメントを発表。やるせなすの所属事務所も「番組収録後の打ち上げで複数の出演者、番組スタッフらと1度だけ当該の女性タレントの方と同席したことはございますが、配信の中で話されているような事実はなかったことを確認いたしました」などと否定した。

 マリエはまた、16年に歌手のマドンナが「ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード」で「ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞した時のスピーチの動画を添付した。そのスピーチは女性差別や嫌がらせについて自らの人生を振り返りながら述べたもので「女性は長い間、抑圧されてきた。男が“女はこうあるべきだ”という言葉を信じてしまっている」など強い口調で訴えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース