【青天を衝け】徳川慶喜、平岡円四郎に長命の秘けつ伝授も「痔の話かいwwww」「斉昭の教え」

[ 2021年4月11日 20:45 ]

青天を衝け第9話。徳川慶喜(草なぎ剛・右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の吉沢亮(27)が主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜後8・00)は11日、第9話「栄一と桜田門外の変」が放送された。平岡円四郎(堤真一)が徳川慶喜(草なぎ剛)に最後のあいさつに訪れたシーンがネットをにぎわせた。

 安政の大獄と呼ばれる苛烈な弾圧が始まった江戸。井伊直弼(岸谷五朗)が水戸藩士や攘夷派を徹底的に処分。そんな中、幕府から隠居、謹慎の命が下された慶喜。命が下ってから3カ月後、慶喜の下に平岡が訪れた。そこで平岡は慶喜に甲府への勤番となり、最後のあいさつに来たことなどを報告した。

 そこで平岡は慶喜に「俺は生き延びますぜ。いつか、いつかきっとまた、あなたの家臣になるために」と伝えた。これに慶喜は「そうか」とつぶやき、平岡に長命の秘けつを説き始めた。その場面で慶喜は「常に肛門を中指にて打てば一生痔を患うこともない」と語った。話の途中から平岡は手を肛門に当てていた。そして慶喜が話し終わると「えっ」と、一瞬驚きの声を上げていた。

 これにネット上では「痔の話かいwwww」「痔の直し方!ここで!」「逆に痔になりそうだけどな…」「いきなりの肛門w」「烈公の健康法……」「おお、斉昭の教えを伝授しとる」「斉昭の教えしっかり覚えてんのかw」「ご老公の痔講座が再び」とにぎわいをみせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース