Travis Japan 目指す世界進出へCDデビュー「待っていて」、初の全国ツアー東京公演で24曲

[ 2021年4月11日 04:00 ]

初の全国ツアーの東京公演を行ったTravis Japan(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ジャニーズJr.の7人組「Travis Japan」が10日、東京ガーデンシアターで初の全国ツアーの東京公演を行った。来月23日の神奈川公演の生配信も発表した。

 ツアーは全国12都市で33公演を開催。先月22日の福岡公演初日は、2019年8月以来576日ぶりの有観客コンサートとなった。吉澤閑也(しずや、25)は「緊張で1曲目は足が震えた。初コンサートのときの感覚でした」と回顧。この日は5000人を前にオリジナル曲「夢のHollywood」など全24曲を披露した。

 世界的な振付師のトラビス・ペイン氏により結成され9年。昨年はソロ公演を行うなど経験を積んできた。ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(39)は「海外への興味が前から強い。世界に通用するグループになってほしい」と期待。その第一歩として目標となるのがCDデビュー。松田元太(21)は「デビューしますという強い気持ちがある。待っていてください」と熱を込めて誓った。

 また、19日のニッポン放送「Travis Japanのオールナイトニッポン Premium」(関東ローカル)の生放送も決定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月11日のニュース